伊予商工会議所は経営の相談・支援により商工業の振興と地域社会の発展を目指します。

健康経営の取り組みについて

健康経営とは

企業等が従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する取組みのことです。具体的には企業等が漠然と従業員に対して、健康な心身でいるよう促すのではなく、従業員の健康が「企業にとっての資本」であると考え、将来的な生産性の向上・企業価値の向上に向け、計画的かる戦略的に従業員の健康管理に取り組むことです。

健康経営優良法人

健康経営優良法人とは、健康経営への取組みが特に優良と認められた企業(団体)等が、経済産業省へ申請を行うことで、審査の上、認定される制度です。

伊予商工会議所では、「健康経営優良法人(中小企業法人部門)」に2021年に認定され、生産性向上・企業価値向上のために様々な取組みを実施しています。

伊予商工会議所の取組み事例

伊予商工会議所では、健康経営の計画に基づき、次のことに取り組んでいます。

  • 健康診断の受診率100%
  • 健康診断の受診勧奨の取組み(再検査対象者への受診勧奨を含む)
  • 保健指導を受ける場所の提供、時間の確保
  • 自動販売機に健康に配慮した飲料の取入れ
  • 健康情報提供(協会けんぽ会報誌など)
  • 感染症予防に向けた取組み(消毒液の設置、ワクチン接種休暇導入)